お金の貸し借りは人間関係が破綻します

僕は不思議な事に取り立てというものには、意外と縁がないのです。金を借りても、傷病手当があって、返せるので、なんとかなっています。

知人のクレジットを使ってもいいという事になり、使わせてもらいました。
それも、知人と仲が悪くなったのですけど、知人が返す事になりました。

お金のトラブルは、結果が失敗に終わると人間関係に深い溝を作る事になります。
友情の回復は、難しいですし、あったとしても、金だけになるのでしょうね。

因みにその知人の親が出てきて、裁判沙汰になりましたが、僕は裁判したかったらどうぞと言いました。
そのあと、裁判はありません。
理由として、その人にも、自分も病気をしていて、支払いに関しての責任能力がない、親も子供の肩代わりの義務はない、僕の収入は傷病手当だけ、名義本人は、自己破産になってしまったので、請求先はない、というものです。

僕が問題なのは、それ以前に話し合いをしているのに、相手が無視している点です。今返せないから、一回破産する変わりに何パーセントか上乗せして返すだとか、そういう話を不成立以前に判断出来ないのです。

その人も傷病手当で、生活している人でした。

ただ、確実なのは、もうそういう事はしないというのと、人間関係が壊れるという事です。

僕は額を少なく向こうに返していこうと思っています。

出典:借金返済シュミレーションはココが一番わかりやすかったよ

バイトの掛け持ちで見事に借金返済しました

昔から見栄っ張りだった私は、ブランド物のバッグや財布そしてスーツや靴もブランドで揃える事こそステータスだと感じていました。必死にアルバイトをして貯めたお金でようやっとひとつバッグを買っても、少し経つと新作が出てしまいまたそれが欲しくなってしまうといういわゆる病気な状態でした。

そんな状態ですから当然アルバイトで稼げるお金などたかが知れているので足りなくなり、キャッシングローンに走ってしまいました。1社で止めれる訳は無く最終的に5社ほどで借り入れしていました。当然返済の連絡が電話、自宅訪問、とうとう会社まで来るようになり切羽詰まりどうしようもない状態になりました。

ある日借金のことで母親に泣きつかれ、片親で一生懸命私を育ててくれた母を悲しませてはいけないということで私は目を覚ましました。それまでの会社は辞め、時給の良い運送会社でドライバーとして働き始め夜はスナックでアルバイトをする生活を2年間続けました。

もちろん病気を断ち切る為に全てブランド物は売り払いました。寝る時間がなく倒れそうになりましたがそれでも働き続けた事で見事借金は完済出来ました。最後の払い込みの時は思わず母と手を取り合い涙ながらに喜び合いました。

思ったよりも稼げずに、生活費のために借金を重ねた

自分は仕事を始めてから、思ったよりも稼げないことに気がついて落胆していました。

大学時代は親の仕送りがあって、貯金もそこそこにあったので、かなり遊んでいました。

しかし、遊び呆けていたために就職先は、冴えない会社でした。月給は手取りて、15万円を下回りました。

当時は家賃7万円の部屋に住んでおり、その生活水準を下げること無く飲み歩くことを熱望していましたから、稼ぎでは足りませんでした。

当然、貯金はドンドン目減りしていきます。

その不安を紛らわすために、またお酒を飲んだり、遊んだり、女性を抱くために夜の街に出かけました。

そして、お酒を飲んで気が大きくなっていた時に、プロミスの無人契約機を発見しました。

あとは、トントン拍子に仮契約し、自宅に送られてきた契約書にサインし…といった流れで借金しました。

借金の怖いところは返済で、固定休で働いている人間の場合は、月に返済できる金額は限られているわけですから、当然、かなりの負担になります。

私の場合は、生活費を止む終えず切り詰めました。督促の電話が怖かったのです。

家賃は4万円のアパートに引っ越しました。

食事もインスタントばかりにし、遊びも控えました。

それでも借金で首は回らなくなり、最後は親に泣きつき、勘当されかかってまで借金を返しました。債務整理も頭をよぎりました。債務整理の弁護士費用相場がよく分からなかったので断念しましたが、当時こういったわかりやすいサイトが有ればよかったのになと思います。

もう、あんな思いはしたくないです。

ネットで商売を始めたものの借金だけが残りました

私は前々から自分の好きな物を売って、商売が出来ない物かと考えていました。

とはいえ街中にお店を開くのはお金が掛かり過ぎますから、これまで考えだけに留まっていました。

ですがネットが普及した事により、ネットの中でお店が開けるようになりました。

ネットの中ならお店を開いても大してお金が掛かりませんから、これなら私でも開業できると思いました。

そこで私はホームページを作成して、商品を仕入れました。

開業時に商品を仕入れる費用などにお金が必要になり、100万円ほど借金をしたのです。

このくらいなら商品が売れれば何とかなると思いました。

ですがネットの世界ではなかなか宣伝が上手く出来ず、お客さんが全くと言っていいほど集まらなかったのです。

ひと月経ってもふた月経っても商品は全く売れず、在庫の山がいつまでもそびえたっているだけでした。

商品は売れなくても借金は返さなければなりませんから、私はリアルの仕事を頑張って、少しずつ借金を返済し続けました。

結局一年経っても商品は全く売れず、私はネットのお店を閉店したのです。

私の見通しの甘さが招いたとはいえ、100万円の借金は痛すぎました。

借金は返済できる目途が立ちましたが、今後一切お店を開業しようとは思わない事にしました。

借金だと意識しない返済

借金返済と聞くと生活の負担も重く、つらいイメージがあると思います。そもそもそのように感じる借金はしてはいけないということになりますが、借金は特別なことでなくても日常にある経済活動でもあります。住宅ローンや自動車ローンなどはキャッシュで一括で購入できる人の方が少ないのでほとんどの人は何らかの借金をするということになると思います。

無理でない借金の場合は返済を生活費の固定的な支出と考えるとあまり意識しないで返済が続いていくことになります。

特に住宅ローンなどは賃貸の家賃と考えれば、負担に感じることもかなり軽減されると思います。また、借金だと意識しないためには督促や取立てといった状況を作らないということが大切です。

延滞することなく確実に返済を続けていけば予定通りに完済して終わります。支払いが遅れると督促や取立てがあり、それらが借金のつらさやプレッシャーを生むことになり実際の経済状況云々というよりも心理的に追い詰められていくことになります。

借金返済額が生活費の支出に組み込まれて光熱費や食費のように払われる感じにすれば借金をあまり意識せずに返済ができていきます。借金まみれブログなどを見ていると気分が少し落ち着きます。普段借金を意識しないと心にもゆとりができ、経済的にも余裕がでてくると思います。

借金をして返済が苦しくなってしまった

最初の借り入れは10万生活のためにどうしても必要だったので借り入れをして、

それからあっという間に、何件の借り入れをしてしまい返済が本当に出来なくて

苦労した時がありました。

また、何件から借り入れをしていたので返済日はバラバラ、

返済額ももちろんバラバラ、返済ができない時は電話をして

返済に関する相談をして、待ってもい返済をしました。

ですが生活をしていかないといけないので、本当にいっぱいでいっぱいで

一日何も食べずに過ごした事もあり、つくづく自分が多額の借金をしてしまった事を恨みました。後悔を感じても遅く、返済しても減っている気がせず

ですが借りたお金なので返済を必ずしました。

今では、返済をして完済をしているのですが、あの時は本当に辛い経験をしました。

今では絶対に借り入れをしていません。

まじめに仕事をしていたら、何とか生活は出来ますし、贅沢をしなかったらいいと思います。お金は大切に使わないと本当に苦労すると言う事がつくづくわかりました。

借金をしている時は、とことん何でも間でも売り払い今思えば、売らなければ良かったと後悔をしています。でもそのくらいしないと返済が出来なかった自分を情けないと思いました。今からまた、頑張って生きたいと思います。

借金を一度した人は依存症になりやすい

私の知り合いの旦那さんはパチンコが大好きです。

営業の仕事をしているので、休み以外でも空いた時間にパチンコをしています。

自分のお小遣いの範囲なら問題ないのですが、手持ちのお金がなくなってしまった時に消費者金融からお金を借りてパチンコをしていたそうです。

1社では限度額がいっぱいになり、また違う消費者金融にお金を借りにいきました。

そして3社の消費者金融から借りて100万以上の借金に膨れ上がりました。

奥さんは全然そのことを知らなかったのですが、借金が膨れ上がってどうにもならなくなった時に、旦那さんから借金の話を聞かされました。

奥さんはショックでしたが、借りたものは返さないと思い、必死で家計のやりくりをしましたが、二人の子どももいて借金はなかなか減りません。

旦那さんの実家にワケを話して借金の分のお金を用意してもらったそうです。

その時に、両親と奥さんの前で二度と借金はしないという約束をしました。

それからしばらく経ちましが、また旦那さんは借金してパチンコをしてしまいました。前回と同じように奥さんに内緒で数社から借りていたんです。もう借金依存症ですよね。

奥さんも、前回のことがあるので気をつけていたようで、旦那さんを突き詰めて借金の事実を知りました。

もう親にも借りれません。

結局離婚して、旦那さんはひとりで借金を返していくことになりました。

借金の金利について

借金で大変な場合、毎月イベントのように返済していき、あまり「利息部分」と「元金」部分の関係を考えていない場合が多いのかなと思います。
(私の周りの人間もあまり考えていないかたが多いです。特に女性に多い気がします)

私もそうですが、借り換えも検討しいたほうがよいと思います。もちろん金額によって様々ですが、特に2社以上からすでに借金がある場合は、間違いなく検討したほうがよいでしょう。
少額の借金のほうが、金利は高いですから、少額がたくさんという状態よりも、高額が1本のほうが利子が有利な場合が多いです。積極的に審査を受けてまとめていったほうが、全然お得。月の返済額が数万円も変わることもあるかと思います。

ただし、本人確認等で会社にも連絡がいくこともあるかと思いますので、そこには注意が必要。あとは配偶者に内緒にしている場合も、隠しておくのが難しい場合がありますので、注意です。離婚などの騒ぎになっても大変ですからね。(もっと借金が増えてしまうかもしれませんし・・・)

ネットで頻繁に広告売っている系列は、期間限定で利子が低く借りられる場合もあるので、こまめにチェックして、条件がよさそうな場合は積極的に相談してみましょう!

キャッシングのしすぎで自己破産した

キャッシングをしすぎていて、自分がいくら支払うのかすらわからない状態にまで、借り入れをしていました。

その結果、返済が出来ないくらいの借金が膨らんでしまいました。買い物依存症になっていたのかもしれません。

ともかく、そんな状態の自分ではまともなお金が返せないということで、自己破産をしたあと、一年間病院に通って精神的に依存症を治しました。

自己破産ブログをみてみることは大切です。私は自己破産ブログから学びました。

そして気がついたのは、残った借金が無くなったという事実だけでした。

自己破産をしてしまうと、借金は支払わなくても良くなるんです。当然、自分の今までの財産は払えるぶんは持って行かれますが、とりたてて困ったことは、ありませんでした。社会的な制裁を受けたわけでも、ありませんでしたから。弁護士などの仕事に就くことが何年かは出来ない、というだけでした。

それで調子に乗った私は、闇金融に手を出してしまいました。

しかし二度も自己破産はできません。

今では自分の軽率さを悔いています。当座のお金が欲しくて手を出した闇金融の金利を払うので、今は精一杯だからです。少しづつ返済を達成してはいるのですが、このぶんだと、まだまだ先は長そうです。

借金返済で生き地獄になってしまい、昔の計画性の無さを公開しています。

消費者金融から借金

初めはカードを作って買い物をしていた事が楽しかったんです。

クレジットカードは現金を持たずにあれこれその場で手に入る。

そうこうしているうちに、消費者金融からも借りられる事を知り

初めは3万円から借りて、翌月にはバイト代で返済って形をしてました。

ですが、自分の遊びの行動範囲や遊び自体が高価なものになって行くと

借りる幅も10万から20万となって行き、翌月のバイト代では

返済するのが困難になって行ったのです。

そして、とうとう一社から限度額の50万を借りてしまい

これを誰にも言えなかったので、他社から借りて返済すると云う行為に発展。

これを繰り返し、結局は一年で730万円まで膨らんでしまいました。

お金を返済するだけなら、きっとこの額に達する事はなかったのでしょうが

その中には夜遊びが抑えられなかった甘い自分もいました。

結局、今は父親の知り合いの弁護士さんに相談する形となり

一括で貸してくれる金融機関に借りて、消費者金融の会社には

全て返済する事が出来ましたが、今でも私は月に15万の返済は残ってます。

日中は会社で正社員をして、夜はラーメン屋さんで雑用を。

これを殆ど借金に充てている為にあまり自由がなく

疲労感だけが残る生活になってしまいました。

もう、借金はこりごりです。

借金完済までの長い長い道のり

大学に奨学金で進学したため、社会人生活がスタートと同時に借金返済が始まりました。実はその前、大学生の時から学生カードのリボ払いを愛用していたのでこれも地味に借金ですよね。でもリボ払いは毎月の返済額が5000円で設定していたのであまり「借金返済」というイメージがわかないのですが、あるときに元本がいくらあるのかを見てみたら驚くほど減っていなかったです。

計算してみたらこれからカードを封印したとしてもあと最低3年は払い続けるようですね。で、奨学金返済なのですが、これが想像以上にめんどくさいです。毎月お給料振り込み口座から天引きされているのですが、大体3万円近く引かれます。社会人になったら安定した給料がもらえるのだから返済は苦にならないだろう、と考えていましたが、やはり入社3年目の薄給の身には案外厳しいですね。

今は独身だからそれでもそこそこ贅沢もできる暮らしですが、結婚して子供が出来たらしんどいでしょうね、この返済は。15年借り入れだから何とか子供に学費が必要になるころまでには完済できるかな?借金返済って本当に地道な長い道のりを着実に歩むことなんですね。というかお給料が上がってくれないでしょうかね。

収入額=幸福度ではない

まさに今借金の返済で困っています。

私は大学を卒業してから工場に勤め始めました。しかし、自分がやりたいことはこんな事じゃないとすぐに退職してしまいました。その後、絶対に就職はしないと決め、起業の道を選んだのはいいもののこれといったスキルや強みもなくだらだらと1年過ごしてしまいました。

今は貯金が残っているのでなんとかきりつめて生活出来ていますが、学生時代に奨学金を借りていたので毎月その返済がじわじわと効いてきます。年金の支払いや各種税金、生活するためにどんどんお金が出ていきます。きっとこのままではあと半年もたないでしょう。借金は返済しないといけないとわかっていたんですが、つらいものです。

もちろん目先の収入を選んで正社員として過ごすことも出来たと思います。ただそれをしてしまうと将来絶対に後悔するような気がしました。周りからみたら落ちこぼれ以外のなんでもないのかもしれませんが、自分は自分と思ってもがいています。

確かに正社員時代は毎月決まったお給料が振り込まれていました。しかし、収入とは反比例して幸福度は低かったようなきがします。逆に今、全くお金はありませんが自分の時間を大切に生きているような気がしてとても充実しています。

10年後20年後に過去を振り返って、あんな時代もあったなと笑えるような気がします。まだまだ自力で稼ぐ状態には程遠いですが、なんとか切り抜けていきたいと思っています。

理想と現実のギャップに悩んだ主婦デビュー

結婚したら専業主婦に誰でも1度は憧れますよね。私もその1人でした。早く結婚したくて、親の反対を押し切り20で結婚。当時の主人のお給料は手取りで12万でした。主婦がよく読む雑誌を結婚前に読みまくり、節約術ややりくりの仕方をノートに書き、ひたすら12万でも生活できるシュミレーションを繰り返し、これならできると自信を持った上での、私なりの憧れの専業主婦デビューだったのです。

しかし、現実は違いました。アパートに備え付けのエアコンは古くて、電気代がかかったり、主人が夜遅くまでパソコンでゲームをするので節約どころじゃありません。借金の返済に追われることも考えなければいけません。

料理も初心者だった私は、時間が必要以上にかかりました。必然とガス代もかかり…。やりくり主婦には到底手が届かず、主人が働いている間は、ダイエットだと思い、1人の時はエアコンも暑くても我慢し、お昼も節約のため、食費を浮かせたいばかりに、甘党の私が選んだ道は、3個で88円のプリンを1日1個しか食べないという不健康のダイエットでした。そして始めてから2ヶ月後、栄養失調になり、点滴の日々に。余計にお金が必要になりました。結局、手をつけたくなかった私の結婚前の貯金を崩し、なんとか乗り切りました。借金地獄におちいる直前だったと思います。内職もやりましたが、あまりお金にならず専業主婦を諦め、現在共働きです。