収入額=幸福度ではない

まさに今借金の返済で困っています。

私は大学を卒業してから工場に勤め始めました。しかし、自分がやりたいことはこんな事じゃないとすぐに退職してしまいました。その後、絶対に就職はしないと決め、起業の道を選んだのはいいもののこれといったスキルや強みもなくだらだらと1年過ごしてしまいました。

今は貯金が残っているのでなんとかきりつめて生活出来ていますが、学生時代に奨学金を借りていたので毎月その返済がじわじわと効いてきます。年金の支払いや各種税金、生活するためにどんどんお金が出ていきます。きっとこのままではあと半年もたないでしょう。借金は返済しないといけないとわかっていたんですが、つらいものです。

もちろん目先の収入を選んで正社員として過ごすことも出来たと思います。ただそれをしてしまうと将来絶対に後悔するような気がしました。周りからみたら落ちこぼれ以外のなんでもないのかもしれませんが、自分は自分と思ってもがいています。

確かに正社員時代は毎月決まったお給料が振り込まれていました。しかし、収入とは反比例して幸福度は低かったようなきがします。逆に今、全くお金はありませんが自分の時間を大切に生きているような気がしてとても充実しています。

10年後20年後に過去を振り返って、あんな時代もあったなと笑えるような気がします。まだまだ自力で稼ぐ状態には程遠いですが、なんとか切り抜けていきたいと思っています。